<< 菅江真澄、旅のまなざし | main | NHK学園「短歌講座」から >>

ビルマの竪琴

 12月2日、わたしは「朝日新聞」の15面を開いて目を瞠った。小さい記事ではあったが、「遺骨調査、年度内にも」であった。
 「太平洋戦争で多くの日本兵が犠牲になったミヤンマーで、日本政府が年度内にも30年ぶりに広範囲の遺骨を調査する見通しになった」とのニュースである。民主化が進み、「外国人の立ち入りが緩和され、遺骨の情報が寄せられたのがきっかけになった」という。
 「1944年にあったインパール作戦でインドに進軍した10万人の旧日本軍が英軍に敗退」、3万人が命を落とし、「この作戦を含めた同国内の遺骨は9万1千人分が収容されたが、82年以来、大規模な調査はされておらず、4万6千人分の遺骨が収容されていない」という。
 これからの調査は「厚生労働省がミヤンマー政府と協議して取りかかる方針」だという。「調査を進めるのは、遺骨の情報が寄せられた北部のザガイン管区、西部のチン州、東部のカヤー州の3カ所」で、「見つかった遺骨は身元が分かれば、ふるさとに帰ることになる」と報道されていた。
 12月1日、妻の買い物の付き添いを終えて家に帰り、居間のテレビのスイッチを入れた。画面はなにやら映画のようであった。よく見ているとだんだんと若いころに見た記憶が蘇ってきた。『ビルマの竪琴』の画面であった。
 ビルマの山野に眠っている日本兵の遺骨をこのままにして日本へは帰れないと決心した水島上等兵は僧侶となり祖国に帰る戦友に別れを告げるラストシーンは涙を堪えることが出来なかった。竪琴で「埴生の宿」を弾き終えて、真っ直ぐに引き返す僧侶水島上等兵の後ろ姿が忘れられない。
 ミヤンマーのチン州で遺骨の先行調査をしている「ミヤンマー/ビルマご遺骨帰国運動」という民間団体の井本勝幸さん(49)は「『一人でも多くのご遺骨が見つかればうれしい』と話している」と、新聞は報じているが、いまだに4万6千人分の遺骨が収容されていないという事実に暗澹とした思いである。『ビルマの竪琴』はまだまだ終わらないのである。


スポンサーサイト

  • 2017.04.24 Monday
  • -
  • 16:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
おはよう。昨日は遠出していて今朝ブログ拝見。昨日やっていた映画「ビルマの竪琴」は市川崑監督が2回映画化しています。56年に映画化されたときの水島上等兵は安井昌二でした。中学生のころTVで見て、私も涙がとまらなかったことを覚えています。
  • 陽子
  • 2014/12/06 7:59 AM
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM