<< 美感遊創 | main | 菅江真澄、旅のまなざし >>

倉敷大原美術館展と県南探訪

 羽後交通観光(株)のバスツアー企画のうち、美術館展と増田まんが美術館、内蔵巡りのコースに妻と参加した。<  9月7日、秋田駅東口を8時40分に出発した。今回は参加者が多く、40名、過去4回のツアーで一番多いということであった。気候もよくなってきたのが共通の要因となったと思われた。  秋田南インターから高速秋田道に入り、横手市の「秋田ふるさと村」着が9時40分。入館してからは、それぞれ自由行動で、近代美術館の大原美術館展や、ふるさと村の工房をめぐり、見学した。昼食はおすすめの「よこて焼きそば」、評判どおり大変うまかった。  13時30分、「秋田ふるさと村」出発。14時、増田町到着。ここでバスを降りて内蔵めぐり、まんが美術館見学の自由行動となった。乗務員から地図とパンフを貰い各自自由に歩き出した。  増田町の公開されている歴史的建造物は、14家屋で、そこで生活されている方たちがおられるので、通常一日の公開は、4家屋程度で交代して行っているとのことであった。  それにしても、この増田の内蔵の素晴らしさをいままで伝承し続けてきた増田商人の強さを改めて感じた。江戸時代より藩公認の市として始めたという朝市も、現在まで連綿と続いていて、地図に朝市通りが明示されている。
 江戸時代から明治に入り、増田の商人たちは、この朝市を商業基盤として活動の活性化に取り組んだという。増田銀行(現在の北都銀行の前身)を創設させ、さらに増田水力電気会社(発電)や、増田製陶会(陶器)、長坂商店(味噌醤油)などの会社も設立され、この傾向は大正時代になっても続き、吉乃鉱山(明治37年操業)の採掘量の増加などもあり、商業活動は加速的に活発化したという。  こうした増田商人たちの息吹と成功の証を今に伝えるのがこの「増田の内蔵」ではないだろうか。  いずれにしても非常に感動的な町並みであった。萬福寺前を通り、まんが美術館まで歩いて15分、まんが美術館を見学してバスに乗車、国道に出て十文字の道の駅で買い物、16時10分出発、横手から高速秋田道に入り、秋田駅東口着17時20分、ツアーは無事終了した。

スポンサーサイト

  • 2017.04.24 Monday
  • -
  • 09:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
充実したバスツアーでしたね。増田の内蔵や朝市を一度見てみたいものです。そういえば、五城目の朝市も懐かしい。まだやっているのかなあ。
  • 陽子
  • 2014/09/18 3:11 PM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM